事業目的

(対外)

 とうかい号とは公益社団法人日本青年会議所東海地区協議会の事業として、今年で45回目を迎える国内最大級の研修船事業です。洋上における船内研修と異国の地で行う寄港地活動によって、乗船者とともに出向者は多くの学びと一生涯の友と言える絆を毎年作ってまいりました。

本年度も高山青年会議所のエリアから6名の一般乗船者がこの事業に参加します。しかし、はじめての経験となる一般乗船者は、期待の反面、乗船前から多くの不安を抱いていることが予想されます。また、乗船者を輩出していただいた企業も研修が順調に進んでいくものか不安を抱えています。

事務局、財政局では一般乗船者が事業に対する不安を払拭し、より有意義な乗船になるように、また一般乗船者を輩出した企業が、次年度も一般乗船者を出したいと言っていただけるようサポートしてまいります。

(対内)

 2020年度、飛騨地区は32年ぶりにJC青年の船「とうかい号」主管に名乗りを挙げ、昨年はとうかい号を「知る」をテーマとした委員会が立ち上がり、基礎知識を身につけました。しかし、基礎知識を身につけても2020年度主管を預かるには実体験が不足しています。

 本年度のとうかい号事業は、各役職を輩出し来る2020年に向けても大変重要なものとなり例年以上に真摯に設営をすることが求められます。本年度はLOMにとうかい号準備室を立ち上げているので連携を取りながら今まで以上に出向者が事業に専念できる環境づくりのためのサポートを行い、またLOMメンバーにも積極的な参加を促し、とうかい号がLOM一丸の事業であるという事を自覚していただけるよう行動してまいります。

​事業内容

(登録)

・一般乗船者の登録業務(一般乗船者輩出企業との連絡)

(説明)

・一般乗船者へのLOMオリエンテーションの実施

(交流)

・乗船者懇親会の実施

・乗船者壮行会の実施

(交通)

・BCオリエンテーションへの送迎支援     担当:輝く女性委員会

・結団式への送迎支援                         担当:アカデミー委員会

・出航式への送迎支援                         担当:事務局・財政局

・帰港式への送迎支援                         担当:地域再発見委員会

  • とうかい号45船の集いに関しては、登録・案内業務のみ支援する。

  • LOM一丸となり、とうかい号事業へ参加できるようにサポートを行ってまいります。参加促進メール及び出欠確認の徹底をいたします。

集合写真
意気込み十分
第44船乗船者体験談
とうかい号説明2
とうかい号説明
もっと見る

公益社団法人高山青年会議所 ©1956 Junior Chamber International TAKAYAMA 
〒506-0025 岐阜県高山市天満町5-1(高山商工会議所内) TEL.0577-32-0380 FAX.0577-34-5379 

 

  • Facebook Social Icon